足裏の汗が臭いと思った時にできるべき対策はこれ!

足の裏の汗って、顔や腋の下にかくほど、日常困らないけれど、おうちに帰ってストッキングを脱ぐと『おおう』って感じであらわれますよね。

足の裏も身体ですから、当然汗をかきますよね。でも、ストッキングや靴下は仕事中や出先では脱がないものですし、ちょっと足にあわない小洒落たヒールも脱がないですよね。

だから気が付きにくい場所。


汗は出続けている



そんなぎゅうぎゅう詰めの中で汗はどんどん出ているのです。でも、安心してください。足の裏の汗は、エクリン汗腺という臭わない汗腺から出ています。

わきがの汗はアポクリン汗腺というところから出ます。

足の汗はエクリン汗腺から出されているので、臭わない。実際に成分を調べると、99%が水で1%が塩分ということは色々な研究結果で報告されています。

花王、五味クリニック、中島薬局などのサイトで、それは確認することができます。

99%以上が水だから、汗単体では足が臭うことはないのです。

「えっ!?」って、あなたは思われたと思います。だって、実際臭いわけですから。


足の裏の汗が出ると臭くなってしまう理由



ぎゅうぎゅう詰めの靴の中では、足の常在菌である菌が繁殖してしまいます。靴の中の湿気と、足についている皮脂が水分と栄養になり、繁殖してしまうんです。その繁殖した菌が、皮脂や角質をどんどん分解します。

その時に出るイソ吉草酸が、足の臭いの原因になっているわけですね。

ですから、足が臭いのは足の裏の汗も原因の一つではあるのですが、菌が繁殖して角質や皮脂を分解することも原因なんです。

ただ、湿気は菌が繁殖するのに非常に適している環境ですので、足の蒸れはどうにか押さえたい。例えばですが、1日中家にいて靴下を履いていなかったら、足が臭うことは、ほぼありません。しかし、片方の足をビニール袋で包んで、蒸れやすい状況にしてみてください。

その状況を1時間くらい続けて、ビニール袋を外して足をにおってみてください。左右差があるんです。ですから、汗事態は臭くありませんが、汗が臭くする要因で、そのパーセンテージは非常に高いというわけですね。


ではどうしたら臭くならないのでしょう?



おうちに帰ったら、まずいち早く靴もストッキングも脱いで、お風呂場に直行してください。
用意するのは、固形石鹸(アレッポの恵みとか釜出し一番石けんとか)。ヨック泡立てて、足の指を一本一本丁寧に洗ってください。指の股や爪も手抜きなく洗ってくださいね。

洗い終わったら、タオルで水分を丹念に拭き取ってください。そして、

家についたらまず足を洗うという風習は、日本には古くからありました。時代劇で宿屋に着くとまずたらいで足を洗ってるシーン見たことないですか。昔の人こそフットケアを怠らなかったのですね。

きれいな足で毎日健康に働きたいものですよね。
美人になるには、まずフットケアから。

⇒足汗を止めることができる魔法のアイテムはこちら
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。