足汗で皮膚がふやけるほどだとかなりの量になるので菌の繁殖も活発に

足汗で皮膚がふやけるほどだと、かなりの量の汗が出ているということになりますよね。

その結果、足が白っぽくなったり、汗が熱をとってしまうので冷たくなってしまったり、靴を玄関で脱いで室内を歩くと、足あとを残してしまったり。

それだけではなく指と指の間や、足の裏と中敷きの間がベタベタしまうこともありますよね。

そんな状況は気持ちが悪いし、嫌になることが多いです。

私もそうでした。

足がふやけるほどの足汗

足汗を多量にかいてしまうと、細菌の繁殖を増進させてしまいます。

足がふやけると、角質は剥がれやすい状況になるので細菌が餌として食べやすい状況になるからです。

そして靴の中が湿気を帯びているということは、細菌が住みやすい環境にあるということなんですよね。

湿気を帯びてジメジメしていて餌が豊富な場所なので、まさに細菌にとってはパラダイスなわけです。

極端な話、靴やブーツやパンプスの中がカラッカラに乾燥している状況であれば、菌が繁殖することは皆無に等しいです。

菌が増えるとこうなります

菌が増えると、足が臭くなります。

これは、誰でも同じです。

ですから、足が臭くなりにくい人というのは、あまり汗をかかない人ということになるんですよね。

でも、あなたや私の場合は、ふやけてしまうほどかいてしまうので臭くなりやすい。

靴を脱がなくてもしゃがんだら臭ってしまったり、靴やブーツの脱いだら、足もですが靴やブーツの中から悪臭が漂ってしまったり…。

ヘタしたら玄関全体が、何だか臭かったりすることも珍しくありません。

では、どうすればそのにおいが改善できるのでしょう?

汗をかかないようにすればいいだけのことです

このようなことを書くと「それが出来ないから困ってるんだろ!」とあなたは怒りを覚えるかもしれませんが、不可能では全くありません。

今までいろいろな商品を試してこられたかもしれませんが、まだ、自分に合う商品や成分に巡りあっていないだけなんだと思います。

あなたの足汗をピタッと止めることができるものがあるはずなのに、まだそこまで行き付いていないだけなんだと思うんですよね。

あなたは、75%の多汗症の人が改善することができた、塩化アルミニウムをご存知ですか?

皮膚科医も推奨する成分なのですが、使用したことがありますか?

私はこれをしって、長年悩まされた足汗や足の臭さから解き放たれましたよ。

⇒塩化アルミニウムが足汗を止めてくれるんです
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。