サンダルなのに足が臭い‐通気性は良いはずなのに脱ぐと・・・

サンダルで通気性がいいのに、足が臭いという経験をした方はいませんか?

通気性の悪いシューズは、ムレやすい事が原因で臭いが発生してしまう事は知られていますが、なぜ通気性の良いシューズなのに足が臭くなるのでしょうか?

実は、素足にサンダルを履くと「摩擦」が起こりやすい状態になるからなんです。

気温の上昇と共に汗ばむ足元は、摩擦が起きる事で垢をエサとする細菌が繁殖してしまいます。

これこそが、サンダルが臭くなる原因となっているのです。

特に、ミュールのような細いヒール足のデザインは、その分足裏の摩擦も多く生じるため湧きやすい環境を作ってしまいます。

かかとがガサガサになっているという方は、古い角質が溜まった状態ですから、より足の環境としては悪い状態と言えます。

摩擦が生じた時にアカとなり細菌が繁殖してしまうので、日頃から足のスキンケアをきちんと行うようにしましょう。

細菌が繁殖していない汗はサラッとしていますが、摩擦によって皮脂が混じり合い繁殖するとベトベトとした嫌な汗に変わります。

サンダルをはくと足の裏がべたつくときには注意してくださいね。

足汗を止める

サンダルが臭くなると、それが足にうつってしまうので足は臭くなってしまいます。

ですからサンダルを脱いだ時には除菌シートなどで、拭いてあげるのが良いと言えるでしょう。

ただ、朝は快適な状況だとしても、履いているうちに汗をかいて垢がはがれてしまい細菌が繁殖すれば、足は臭くなります。

通気性が良い世に感じるサンダルですが、足の裏は非常に通気性が悪いので繁殖スピードは結構速いと言われています。

ですから汗をかかないようにして、サンダルがにおわないようにするのが理想なのではないでしょうか。

注目されている成分

足をかかないようにすると注目されているのが、塩化アルミニウムです。

汗を出す汗腺に働きかけて、汗を止めてくれます。

足の裏がべたべたすることもありませんし、汗をかくこともありませんし、何より臭うことがありません。

⇒塩化アルミニウムが足汗をしっかりと止めてくれるんです
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。