足の裏がふやけてしまうのは足汗が原因なんです

長時間歩いた後や、仕事のあと、家にかえると足の裏がふやけてしまっていることなどはありませんか?

私は立ち仕事をしていたため、そういった経験はかなりありました。

足の裏がふやけるというのは足汗が原因です。

足汗はただ足の裏をふやけさせるだけでなく足の臭いの原因ともなります。

確かに足がふやけていた日は通気性の悪い靴などを履いていることが多く、脱ぐと足のくさい匂いがしていました。

正直最悪ですよね。

足が臭い要因になります

これは多量の汗により、足の角質が剥がれやすい状態になってしまい、その角質を足汗によって増殖した細菌が餌として食べやすい状況を作ってしまっているからなんです。

ですので汗をかくほど、足の細菌は繁殖してその分足の臭いの原因となります。

足の臭いは不快なものなので、玄関が足のくさい匂いがしたり、人前で靴を脱ぐことに抵抗を感じる場合もあると思います。

ではどのようにすれば足汗を止めることができるでしょうか。

しかも「足をふやけさせるぐらい多量に汗をかいているのに、止めることはできるの?」と不安を感じる方も多くいらっしゃるかもしれません。

ですが大丈夫です。

しっかりと汗をとめてくれる方法があります。



それは塩化アルミニウム系の制汗剤です。

塩化アルミニウムは汗を止める働きをもつ成分が含まれており、この制汗剤をこまめに使用すれば、足汗が少なくなり、どんどん汗をかかない状況にしてくれます。

使用方法もいたって簡単で持ち運びもしやすいものなので、多量の足汗に悩まれている人も満足されています。

足汗を止めることにより臭いのもとである細菌の繁殖も抑えることができるので、一石二鳥なのでとても良いですね。

⇒塩化アルミニウムが足汗をしっかりと止めてくれるんです
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。