足が臭いが消えない…その悩みは今すぐに解決できますよ!



足の臭いが消えない…。

毎日、安全靴で仕事をしているせいか、帰宅後の足が臭い。
しかも、ハンパじゃないくらい臭い。

部位的に、親指と親指の付け根付近に臭さを感じる。

返ってお風呂場に直行して1度洗うけど消えず。
ご飯を食べた後に、もう1度洗うけど消えず。


「どうすればいいんだ!」と、困り果てているのではないでしょうか?

しかし、もう大丈夫です。
あなたのその、親指や親指の付け根の臭さは、明日から、キレイさっぱりと無くなります!

そもそも足が臭いのは汗をかくから




足が臭い理由は、靴の中で汗をかき、汗により角質(垢)ができやすくなるため、靴の中で細菌が増えるからです。

汗が『におう』わけではありませんが、汗が原因で細菌に好ましい環境を、靴の中は作っているということになります。

イソ吉草酸は足の裏の汗や古い角質を細菌が食べて分解することで発生し、足の裏のくさいにおいの原因物質となっていることが分かりました。“くさいにおい”と感じるかどうかは個人差があると思いますが、このにおいはたいていの人がくさいと思うのではないでしょうか。
引用元:石川県立大学研究部:http://symbiogenic.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html


ということは汗をかかなければOK?




汗をかかなければ、靴の中で細菌が繁殖する要因の一つである湿気(蒸れ)を作り出すことができませんので、細菌は繁殖しにくくなります。

では、どうすれば汗をかかないようにできるのでしょう?

実は、簡単にできるんです。

方法は、塩化アルミニウムを使うこと。
塩化アルミニウムを皮膚に塗布すると、発汗が減る事が知られています。皮膚に問題のない方は、まず試みる外用剤です。
引用元:きくち皮膚科:http://www.kikuchi-hifuka-hinyoukika-cl.com/original13.html


皮膚科で処方してくれますが、足が臭いことで皮膚科に行きたくはないって場合もありますよね。

そんなときは、塩化アルミニウムが配合されたアイテムを使う方法があります。

塩化アルミニウムが高配合なのは、デトランスαというアイテムになります。
それ以外にも塩化アルミニウム配合のアイテムはありますが、含有量がデトランスαのほうが圧倒的です。

私がデトランスαを使った結果は、こうなりました。

⇒私はデトランスαを使いサラサラな足を手に入れることができました
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。